サイ受験生のランブル

いつか合格後を書く

総合学力マーク模試の結果

f:id:re-rhino0321:20180705090944j:image

自己採点とぴったり一致しています。倫政は時間ギリギリに変なところにマークしてあったのに気づき、一つ消したのでそれ以降全部バツになるかと思っていました。次回は一問一問確認をしっかりします。

 

自己採点のときの過去記事のリンクを入れたいのですが、アプリからは出来ないみたいなので、家に帰ったらここに入れます。メモです。

 

次の模試は駿台全国マークです。理科を強化、他はキープして85%くらい取りたいですね。8割でもよし。9割狙いません。マーク試験はメンタルも大事なので、一つくらい悪い科目があっても引きずらないことが重要です。私の場合9割を狙うと国語あたりでやらかしてしまったときに焦りで午後からボロボロになります。

判定は第一志望がD、第二志望がCでした。B判定を取るためにはかなりの高偏差値が必要です。高望みせずC判定を安定して取れる学力をつけようと思います。トップ合格しなくても受かればいいので。みんなに食らいつく。

今日から化学は『化学の新標準演習』を使ってどんどん問題を解いていきます。今までは参考書読み込むだけでした。物理もガンガン進めます。7月は理科強化月間にします。

6月22日の勉強

久しぶりに1日の勉強内容を報告します。

【英語】代ゼミ英単語 STAGE83~87

【数学】数学マニュアルⅡB p.151~161

【化学】鎌田の理論化学の講義 p.243~262

【倫政】蔭山 ポイント&キーワード倫理 p.76~95

もっと量を増やしたいところですが時間の制約があるので仕方ない。スキマ時間をもっと有効に使わなければいけません。

化学で過冷却について勉強しました。そこで、先ほどまで「過冷却」と「カレー客」をそれぞれ手描きの曲線で表すという、それはそれは下らないブログを書いていたのですが、書き終えたところで校閲?をしていたら曲線の名称は「過冷却曲線」ではなく「冷却曲線」だということが判明し、ボツになりました。その時間で英単語でも覚えるべきでした。

明日は勉強時間が取れるので化学の反応速度と化学平衡を一通りやろうと思います。下らないことを思いついた暁には積極的に発表しようと思います。今回はボツでしたが。それでは。

 

ベクトル対策

 坂田アキラのベクトルが面白いほどわかる本を1週間で終わらせました。ベクトルは嫌いだったのですが、あまり抵抗がなくなりました。ただ単にやっていなかっただけですね…。このシリーズは何冊か持っているのですが、解説が詳しいので楽に進めることができます。表紙はどうにかしてほしいですけど。総合学力マーク模試で時間切れで解ききれなかったベクトルの問題をやってみたところ完答出来ました。次のマーク模試までに数列の対策ができれば90点超えも狙えそうです。

坂田アキラの ベクトルが面白いほどわかる本 (坂田アキラの理系シリーズ)

坂田アキラの ベクトルが面白いほどわかる本 (坂田アキラの理系シリーズ)

 

この本で坂田アキラに興味をもち、インターネット上の情報を調べ動画も見てみました。そうすると「坂田アキラのベクトル」がある程度理解できました。他の数学講師とは一次独立していました。

今週残りは化学の理論をとりあえず一周することをノルマとします。無機有機が放置気味なので理論を終えたらとりかかろうと思います。

酸化還元反応と水柿君と森君

4月の総合学力判定模試の化学の大問3を解きなおしました。酸化還元反応からの出題なので主要な酸化剤、還元剤の半反応式を暗記してから解いてみました。四月の段階では25点中7点でしたが、今日はなななんと満点です。自分はやればできる子(子という年齢ではないが)と思いましたが、やれるところもやってない子といった方が正解かも。

やっぱり勉強ってやればやるほど楽しくなりますね。最初に理解しなけらばならない、暗記しなければならないことが多いと精神的に負荷がかかりますが、そこをなんとか乗り越えてしまえば、あとは手に入れた武器を試したくなってきます。そしてその武器を何度も使っているうちに扱いにも慣れ上達していくのです。この成功体験を1度味わうと他の単元でも同様に序盤の苦しみを耐えることができるのでしょう。私もこの状況に少しだけ近づいているような気がします。また、成績が悪かった去年より、少し成績が伸びてきた今の方が欲が出て勉強時間が増えています。結果が出るとわかっていないと人間ってやる気が出ないんですね。

ここまでの流れで、さも順調に勉強が進んでいるように思われた方も多いでしょう(アクセス数がそもそも少ないが)。数Ⅲの積分以降ほとんどやっていません。無機有機化学放置気味です。電磁気…知らね。古文漢文ちんぷんかんぷん。さて明日も自習室にこもるぞー。

えー、キャラが定まりませんが読んだ本の話を。『工学部・水柿助教授の日常』を読み終えました。

工学部・水柿助教授の日常 (幻冬舎文庫)

工学部・水柿助教授の日常 (幻冬舎文庫)

 

 このシリーズは森さん(水柿君?)がいつもより一般人に感じることができて好きです。あくまでも水柿君であって森先生ではないらしいですが。この作品は小説だからね。

f:id:re-rhino0321:20180612014528p:plain


これを書いて中学のときに家庭科のテストで住んでいる町のゴミの収集日を訊かれて水曜日と書いたつもりがカクカクに書きすぎて木曜日と読まれ✖にされたことを思い出しました。水と木は似ているのです。

基本的に森先生の作品はトリックよりも先生の思考だったり発想なんかを楽しみに読んでいます(もちろんそれがトリックに表れることもあります)。他の推理小説を読むときには作者のことなんて考えもしませんが、森先生の作品はどの作品にもうっすら森先生自身が透けている感じがします。作品中で西之園萌絵が言ったことでも、私はそれを思いつく森先生がすごいと思ってしまうのです。異常に森愛が強い人と思われるかもしれませんが、今は受験生なのでほかの作家を開拓する余裕がないだけです。たぶん。次は『恋恋蓮歩の演習』です。

第1回 総合学力判定模試の結果

四月末に行われた総合学力判定模試が返ってきました。初めて画像をアップします。ちゃんとできているのだろうか。f:id:re-rhino0321:20180608211102j:image

 受験者は文理あわせて2741人しかいないのでどこまで参考になるのかわかりませんが、初のC判定が出ました。では、それぞれの科目の感想を。自己採点については過去の記事で書いています。

 re-rhino0321.hatenadiary.com

 

【英語】自己採点より7点多くもらえました。これは英作文での減点が少なかったおかげで(19/24)、英文和訳は思っていた通り満点をもらえました。マーク模試でもそうですが、読むスピードアップが課題なので毎日なにかしらの英文を読んでいこうと思います。

【数学】中間点を8点もらえたので自己採点より7点アップ??つまり自己採点をミスっていたということです。今回は問題が簡単だったので悪くないようにみえますが、頑張らなければいけない科目です。青チャートやります。

【物理】以前の記事で触れていた問題文の文字指定の件はやはり出題ミスだったようです。あそこで時間を数分ロスしたかもしれませんが、私の点数にはさほど影響は出なかったと思います。最近物理の勉強が楽しくなってきたので次の模試では他の科目の足を引っ張らないような点数にしたいですね。

【化学】酸化還元反応で7/25。明らかに弱点。このあと半反応式を暗記したので、今やったらもう少し取れるはずです。今日もう一度復習して、明日やってみましょう。無機有機は全然覚えていないのでこれも対策する必要あり。化学だけは自己採点とピッタリでした。

八月に第2回の総合学力判定模試があります。理科は出題範囲がはっきりきまっているのでしっかり対策します。去年はたしかサボりました…。

すべてが青になる。

今日は読書の話をします。相変わらず森博嗣さんの作品を発行順に読み進めています。このブログでは『夢・出逢い・魔性』を読んだところまで書いたのですが、その後『女王の百年密室』、『読書の価値』、『魔剣天翔』、『今夜はパラシュート博物館へ』を読みました。

 

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN―

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN―

 
読書の価値 (NHK出版新書 547)

読書の価値 (NHK出版新書 547)

 
魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)

魔剣天翔 Cockpit on Knife Edge (講談社文庫)

 
今夜はパラシュート博物館へ THE LAST DIVE TO PARACHUTE MUSEUM (講談社文庫)

今夜はパラシュート博物館へ THE LAST DIVE TO PARACHUTE MUSEUM (講談社文庫)

 

 読書の価値だけ今年発売された本です。偶然ですが、『女王の~』と『読書の価値』は案外内容がリンクしていて面白く読めました。ロイディは未来の本でした。それから『今夜は~』の解説が羽海野チカさんなのですが、昔私が大学生だった頃、この解説で羽海野さんを知り『ハチミツとクローバー』を一気読みしたことを思い出しました。

マーク模試が近づいてからは予備校の行き帰りに小説を読むのをやめ、倫理政経の参考書を読むようにしていましたが、また最近は小説に戻しました。今は『工学部・水柿助教授の日常』を読んでいます。このシリーズが一番好きかもしれない。

 私はNHKの将棋トーナメントを毎週録画して観ています。自分で録画するのは将棋くらいなのですが、家族が録画している番組もあります。その中の一つがNHKの(NHKの回し者ではない。)連続テレビ小説なのですが、毎日放送しているので録画リストが将棋の間ほとんど『半分、青い』になっています。いやいや半分どころではなく結構青いですよ。

総合学力判定模試の結果は頂いたのですが結果報告は明日にします。

総合学力マーク模試(進研模試) 

お久しぶりです。しばらく更新していませんでした。

日曜日に総合学力マーク模試を受験してきましたので自己採点結果を報告します。

 科目 点数 コメント
倫政 88 マークミスの可能性あり
国語 156 評論48 小説50 古文42 漢文16 また時間配分ミス
英語 180 スピード不足で解ききれず
リスニング 44 自己ベスト?
数学ⅠA 85 今回の難易度ならもうちょっと取りたい
数学ⅡB 87 ベクトルの途中で時間切れ
化学 77 自分としてはまだましな方
物理 71 最重要課題。もっと、なでコツじゅーする必要あり
合計 743/900 やっと8割を超えた

範囲が狭かったのもあり過去最高点。でも、もう少し取れたという悔しさが残る試験でした。昨年は660点くらいだったので少しは成長したのかな。次の模試は7月の駿台全国マーク模試です。それまでに理科をなんとかします。予備校の授業はいままで割と真面目に出席していたのですが、最近は自習室にこもって自習するスタイルに切り替えました。物理だけは出席しています。

そろそろ4月に受けた総合学力判定模試が返却されるので、結果報告したいと思います。